飛び込んで愛の世界へ

浮気をしつつ三人を愛でる生活。

ひらいての雑感


共感できないかもしれないと最初は思っていた。けど、私は愛ちゃんの言動の多くに共感できた。実際に私が愛ちゃんのような行動ができるのかどうかは置いといて、少なからず私にも愛ちゃんと同じような気持ちはあった。大人からしたら、それだけの事と言われてしまうかもしれないことでもあの頃だったら、全てが崩れてしまうそんな感覚がある。
何も知らないのに、全てを知っている、日々自分が変わっていく、全部壊してしまいたい衝動に駆られる。私だけでなく誰でも持っている感情だと思います。
とはいえ、私は愛ちゃんではないし、たとえくんでも美雪でもない。ただの第三者だから、どういうつもりで愛ちゃんが行動したのか分からない所もあった。
最初はただたとえくんが好き。けど、愛ちゃんに付き合いたいという気持ちはない。愛ちゃんはたとえを手に入れたい。愛ちゃんがたとえに抱いているのは所有欲にも近いものを感じた。
愛ちゃんがここまでたとえくんに執着するのは愛ちゃんにとってたとえはやっと出会えた自分の欲を全て満たせる存在だったから。しかし、手に入れたとしても愛ちゃんは満たされる事はないと思う。刻一刻と自分が変わっていくし、愛ちゃん自身も何が「愛」なのか分かっていない。愛ちゃんは心か身体で繋がる事を求めているけど、それはあくまでも表面上。たとえという好きな人を利用して「愛」とは何か、「自分」とは何か、「自分が求めているもの」は何かを探しているのではないだろうか。
そして、たとえが欲しかったが、じきにたとえと美雪の間にあるものが欲しくなったのではないか。たとえと美雪が愛ちゃんの求めていた答え全てだった。
混じりっ気のない真っ直ぐに歪んでしまった愛の物語。ここまで、愛ちゃんに踏み込んでくれたのはたとえと美雪しかいなかったのでは?
略奪なのか?奪おうとしたのは事実だけど、結果愛ちゃんは美雪の暖かさに包まれて、理由はどうであれ美雪を求めていた。最後、愛ちゃんが鶴をひらいた。たとえくんが「木村さんが一番折っていた」と言っていた鶴をひらいた。この時愛ちゃんは初めて美雪にひらいたとも受け取れる。そして、「また一緒に寝ようね」はそんな不器用な愛なりの愛情表現だと思う。


たとえ
たとえくんはよく知る前の作間くんだった。作ちゃんをよく知る前の印象。なにを考えているのか分からない。見えれば見えるほど分からなくなっていく。私にとってたとえくんはそんな印象です。私はたとえが分からない。
「お前みたいなやつが嫌いだ」と言いつつ「どうしたら木村さんのものになれる」と、たとえくんは愛ちゃんの要望に応じた。その間のやりとりがあったとしてもたとえくんが愛ちゃんの要望に応じたことに対して私は少し驚いた。もしかしたらたとえくんも愛ちゃんと同じで身体で繋がる事に対して抵抗がないのでは。たとえくんにとって美雪は依存しているのではと思ってしまうほどの大切な存在。そんな美雪とは身体で繋がろうとしていない。たとえくんの中でも身体で繋がる事はあくまでも表面上でしかない。たとえくんは美雪とは本当の意味で繋がっていたかった。だから表面上でしかない身体では繋がる必要がなかった。だってそんな事をしなくたって心で繋がれるから。触れなくたって美雪は包み込んでくれるし、美雪と居れば満たされるし、あたたかい。
たとえの愛への怒りともとれる言葉は愛の事を想って言っているのだなと思った。たとえくんは着眼点が鋭い人なのか、たとえくんはちゃんと愛ちゃんと向き合った証拠なのかは分からないけど、あの言葉は全て愛の為に放った言葉達だと思う。たとえくんが誰にも悟られないようにずっと隠して大事にしていた二人だけの世界を壊そうとした愛ちゃんを拒絶した。けど、たとえは愛ちゃんを完全に拒絶する事は出来なかった。たとえくんは無意識レベルで愛ちゃんと自分は似ていると分かってしまったから。
けど、私にはたとえくんは愛ちゃんの本質が分かってないとも感じた。美雪から愛ちゃんへの手紙に「たとえ打算があったとしても」と書いてあったように、愛ちゃんは全てを思い通りにしようとしたわけではない。(もしかすると、たとえは愛ちゃんを分かろうとしたけど、愛ちゃんはひらいていなかったのでは。愛ちゃんはたとえにもひらけなかった。)
たとえくんの「一番折ってたのは木村さんじゃん」という台詞はたとえが愛ちゃんの事を見ていたという事と、愛ちゃんは実はひらいていなかったという隠喩だと思った。
たとえくんが両手で愛ちゃんの顔を覆うシーンで初めて二人は目を合わせ、たとえは愛ちゃんを理解したと思う。


美雪
たとえくんにとって美雪は唯一の救いであり癒しだと思う。愛ちゃんにとって美雪は逃げ道だったと思う。美雪は優しくて繊細な雰囲気を持っているけど、芯があって強い人。たとえもそんな部分にも惹かれたと思う。最初は美雪を知る事で、たとえの事を知れると思って近づいたという事もあるかもしれないが、じきに愛ちゃんはそんな美雪の優しさに包まれたかったのかもしれない。もしくは、美雪に触れる事でたとえへの寂しさややるせなさを埋めようとしていたのかもしれない。そう考えるとたとえも愛も美雪の存在が救いだった。
身体で繋がる事に対して抵抗がなくあくまでも表面上でしかないと思っている所、美雪を求めている所、愛とたとえは似ている。



それぞれを書いていて自分でも矛盾しているなと思う事が多々あります。映画を観終わった直後、数時間後、何日か経った後では次々と解釈が変わっていきます。
けど、それはそれで良いとも思っています。この感情の明確な終わりってないし、気付いたらいつも通りに戻っていて、また気付いたら何もかも壊したくなっている。その繰り返しでここまで来ていると思うので。知りたい分からないを繰り返しながらまた愛、たとえ、美雪に会いたくなると思います。